2017年08月10日

日光線臨時快速は急行に短縮しながらも増発 東武鉄道臨時列車運転(2017年8月)

東武鉄道は8月4日、プレスリリースにて2017年8月に日光線に臨時列車を運行すると公表した( 夏の日光線臨時列車のご案内 )。今回は日光線・伊勢崎線双方の2017年夏の臨時列車について見ていく。

2017年4月~5月のGW期間に運行された東武鉄道臨時快速についてはこちら!

1. 日光線臨時急行の増発

前回2017年GW期間の日光線臨時列車運転では、4月20日をもって廃止となった東武快速が僅か9日後に復活を遂げるという快挙を成し遂げた。

しかし末期には快速・区間快速合わせて8往復運行されていたにもかかわらず臨時快速は2往復しか運行されなかったこと、内房線特別快速の廃止代替として2017年5月1日2日に両国~館山間運行されたJR東日本の快速「青い海」209系4両編成同様使用された1800系は6両、元東武快速用6050系は4両と浅草~春日部間では輸送力が圧倒的に不足しており、混雑に拍車がかかってしまった。そのため今回の日光線臨時列車は臨時急行とし、南栗橋までの運行に短縮した上で下り(東武日光・鬼怒川温泉方面)は2本、上り(南栗橋方面)は最大3本に増強された。急行ではあるが前回の2017年GW期間には開業していなかった東武ワールドスクウェア駅にも停車する。両数はGW期間と変わらず6両と4両での運行となり、1800系と6050系が使用される見込みだ。運行日は1本の上り列車を除いて8月5日~20日までの土日祝日(11日山の日含む)と14日~16日の混雑が予想される日に運行される。運行時刻は前回2017年GW期間の日光線臨時快速運転とは上下とも異なり、完全別時刻となっている。

これまで東武快速が在りし頃は快速・区間快速が運行されることもあって春秋に臨時列車を設定することが多かったが、快速の廃止代替および南栗橋以北での減便代替も兼ねて夏にも臨時列車を運行することとなったのだろう。日光線では上り(南栗橋方面)は普通列車と4駅しか変わらない区間急行しかなく、料金不要にもかかわらず新栃木以北でも通過運転を行う急行の存在はありがたいことで、新栃木以北のみに関して言えば2017年4月21日ダイヤ改正前の区間快速および普通列車が中心だったころと比べると改善しているようにも思える。

2. 日光線臨時特急は格上げ列車

今回の臨時列車増発では2017年春には行われなかった日光線特急の増発も行われる。東武鉄道公式プレスリリース夏の日光線臨時特急列車のご案内によれば、最大1日8本の臨時特急列車が運行される。

よく内容を見ていくと、同じ表にまとめられているものの日光線臨時特急列車は大きく2つに分けられる。1つは土休日運転列車が一部の平日にも運行させるため臨時列車としたパターン。表記上の運行日の少ない「リバティけごん3号」「けごん9号」「きりふり281号」「リバティけごん22号」「きりふり284号」がこれに当たる。これらの列車は本来土休日のみ運転であるが、混雑が予想されるため一部の平日にも運行されるようになったのであろう。

もう1つは従来の平日にも土休日にも運行されない純粋な臨時列車だ。「きりふり237号」「リバティけごん41号」「リバティけごん42号」「きりふり244号」がこれに当たり、運行日は前述の臨時急行同様8月5日~20日までの土日祝日と14日~16日。運行ダイヤはなんと2017年4月29日~5月7日まで運行された臨時快速と同じ。つまり、前回運行された臨時快速がそのまま特急に格上げされたのだ。人気があり、着席保証させたいという意図は読めるが、浅草・北千住乗り入れ列車には料金を徴収しようという意図が取れる。特急の場合リバティ会津の東武鬼怒川線以北利用などの一部例外を除き立席乗車が認められておらず、前回の臨時快速ような利用客を捌けない可能性がある。そのため少しずらした時間帯に前述の臨時急行を設定したのではないだろうか。

日光線の臨時特急については7月21日に公表されたが、臨時急行については運行前日の8月4日公表と明らかに唐突すぎる。また臨時快速/急行については2017年GW期間はカラーで車両イメージ付きだったが、今回2017年夏の臨時列車ではEXCELで打ち出したよな簡素な白黒の表となっている。東武鉄道としても極力特急を利用してほしいということなのだろう。

3. 伊勢崎線臨時特急の増発

伊勢崎線特急「りょうもう」についても2017年8月に増発がなされる。東武鉄道公式プレスリリース夏の伊勢崎線臨時特急列車のご案内によれば例年通り8月11日~16日に2往復増発される。

4. 結び

今回2017年夏の臨時列車運転では、春のGW期間に運行された臨時快速が臨時特急に格上げされ、それを補完する形で南栗橋発着の臨時急行が設定された。今回の臨時列車運行は前回同様様子見なところも伺えるが、今後のダイヤ改正で今回設定された臨時特急が土休日運転で定期化するのか、日光線急行が上りにも設定されるようになるのか注目してゆきたいと思う。

スマホサイトリニューアルで使いやすくなりました!
情報満載の「鉄道コム」では「ダイヤ改正」、
速報を行なっている「twitter」では「#ダイヤ改正
で、ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!
posted by 快速++ at 12:23| Comment(0) | 臨時列車情報 | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ