> > 12月報告と1月の活動予定 1月22日はJR各社春の臨時列車公表予定日です

2016年01月02日

12月報告と1月の活動予定 1月22日はJR各社春の臨時列車公表予定日です

毎度「鉄道ダイヤ研究会」をご利用いただき、誠にありがとうございます。本日はこの場をお借りして、昨年12月の活動報告と1月の活動予定をご報告させていただきます。

1. 12月活動報告
当ブログ「鉄道ダイヤ研究会」は昨年11月14日より活動を開始し、12月は初めて終月間活動いたしました。12月は活動期間である31日間にに20の記事を書き上げました(11月比6記事減)。先月から始めた取り組みとしまして、記事を見やすくするために章の見出しを大きくしたり、可能な限り表を挿入するなどしてわかりやすい記事にするよう努めております。
またSNSである「twitter」や「鉄道コム」「にほんブログ村」「鉄道人気ブログランキング」「blogram」のブログランキングに引き続き参加することはもとより、12月から「Railism」にも登録をし、より一層交流を深めることによりさらに多くの方に「ダイヤ改正」を知っていただけるよう活動しております。先月に引き続き鉄道コムさん経由で当ブログに入られる方が大多数を占めており、鉄道コムさんの記事ランキングではほぼ毎回上位にランキングさせていただいているなど、お世話になるばかりでございます。
12月中の当ブログのページ別アクセスランキング上位10記事(トップページ含む)は以下の通りです(以下の記事名は投稿時の記事名ですので、予測記事の場合事実と異なる表現をしていることがあります。予めご了承ください)。

12月内順位記事タイトル投稿年月日12月内のアクセスベースの割合鉄道コムさんの「最近よく見られたブログ記事(人気順)」の当サイト確認範囲での最高順位開設以降の累計期間での順位
1位速報&随時更新! 2016年3月各社一斉ダイヤ改正2015年12月18日10.7%1位1位
2位トップページ2015年11月14日8.4%-2位
3位公表1日前! 2016年3月ダイヤ改正予測まとめ2015年12月17日6.4%1位3位
4位増発なるか 上野東京ラインダイヤ改正予測(2016年3月12日予定)2015年12月10日5.0%5位5位
5位2016年3月26日ダイヤ改正 TOPIC52015年12月19日3.2%4位8位
6位北陸新幹線ダイヤ改正予測(2016年3月予定)2015年11月26日3.1%9位6位
7位ふてくされた新快速 JR京都線・JR神戸線ダイヤ改正(2016年3月26日)2015年12月27日3.0%1位9位
8位地下鉄直通優等列車誕生へ 東武東上線 ダイヤ改正予測(2016年3月12日予定)2015年11月22日2.8%3位4位
9位Fライナー登場! 東京メトロ副都心線・東武東上線ダイヤ改正(2016年3月26日)2015年12月26日2.6%2位13位
10位快速急行大増発! 小田急電鉄ダイヤ改正(2016年3月26日)2015年12月24日2.6%5位14位


12月の当サイト内記事アクセスランキングは以上になります。期間が長いと上位に行きやすく、鉄道コムさんの「最近よく見られたブログ記事(人気順)」が高ければ高いほどアクセスが上がる傾向があります。名古屋都市圏の鉄道に関する記事はまだ書いていないかと思いますが、少なくとも首都圏や関西圏の記事とそれ以外の記事ではアクセス数に差が出るようで、新幹線や特急列車についての記事は都市鉄道に比べるとあまりアクセスが上がらないのかなという気がします。
また、鉄道コムさんのブログランキング(IN順)は12月末時点で10位以内に定着しており、当サイトで独自に集計したOUT順順位は6位で、多少変動はあるものの10位以内には入っているようです。
また先月18日~20日には鉄道コムさんの「きのう・きょう話題のキーワード」にて「ダイヤ改正」が1位を飾り、その後12月末まで「最近注目されているキーワード」の2位に居続けていました(本日確認したところ3位に落ちていましたが)。先月31日間で総計10万アクセスを突破(11月比280%増)し、2万5千人以上の方(11月比218%増)に訪問していただきました。先月の訪問者数最多日はダイヤ改正プレスの一斉公開があった18日(金)で、4,761人の方にご覧いただき、15,454アクセスでした。この値はseesaa全ブログで42位、ニュース/時事部門で3位になりました。また当サイトを検索される際に一番使用されているワードは「ダイヤ改正」で、全体の約22%を占めているようです。今月も当サイトをよろしくお願いいたします。

2. コメント欄の使用について
当サイトでは12月上旬よりすべての記事のコメント欄を承認制といたしました。これは先月18日の鉄道各社一斉ダイヤ改正プレス公表日に不適切なコメントをお寄せいただく可能性が高いと考えたためです。実際お寄せいただいたコメントの中には、根も葉もないうわさを書かれた方もいらっしゃいました。また記事に関してのご意見も「断定」しているところと「推測」している部分の区別が分からない方がいらっしゃるようで、自分の意見以外を認めない方針の方もいらっしゃいました。このような方のコメントは公表を見送らせておりますのでご了承ください。このサイトの風紀を一定以上乱さず適切なコメントであれば公表いたしますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。
またお寄せいただいたコメントですが、前回の活動報告と活動予定に記載した通り返信は致しかねますのでご了承ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

3. 1月の当サイトの展開
12月は前回の活動予定にもあるように31日中記事を掲載できたのは20日間だけです。年末は連日記事の投稿が出来ましたがやはり時間との制約で隔日更新でも限界となりそうです(快速急行大増発! 小田急電鉄ダイヤ改正(2016年3月26日)では字数は構文を含めて約9,500字、Microsoft wordの標準設定で11ページもしてますから、そのような記事を書き続けると連日投稿は無理です)。上旬~中旬にかけては昨年12月18日に公表したダイヤ改正プレスについての考察記事を掲載したいと思います。1月には3月~6月に運行される春の臨時列車について公表があり、2013年までは1月第3金曜日でしたがここ2年は1月第4金曜日となっております。そのため今年も1月の第4金曜日である1月22日に公表される可能性が高いです。この春の臨時列車のお知らせにはダイヤ改正前後の臨時列車が掲載されることから、北海道新幹線の臨時列車やダイヤ改正のあった北陸新幹線の臨時列車など見どころは多い物になると思われるので、ダイヤ改正公表日のような前日に予測記事は立てませんが、公表の翌日までにまとめ記事とその後数日間にわたり個別記事にしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
12月には、高々鉄道コムのIN順ブログランキングで1位から陥落した程度で飽きたと宣言し閉鎖したブログや、ダイヤ改正にあやかり鉄道コムで記事を上位にランクインしたいがためにそれらしいタイトルをつけ、中身はただの写真撮影がメインでタイトルの内容には何も触れず、2日後にその記事まったく違うタイトルに書き換えて証拠隠滅を図ろうとし、また別の記事に同じタイトルをつけるとんでもないブログもありました。私からしたらそのような器の小さい人で恥ずかしくないのか、疑問でたまりません。また私は「鉄道アナリスト」や「鉄道ライター」といったそれ以外の肩書きをつけられないどうしようもない人になる予定はありません。なぜなら一般に「鉄道アナリスト」や「鉄道ライター」と呼ばれる人たちの記事は的を射ていないことが多く、自慢げに当たりもしない妄想を記事の最後につけることが多いからです(むしろ副業で鉄道を趣味にされている方の方が的を射ている事の方がよくあります)。もしその道のプロであるならばフリーターのような形態ではなく大学にお勤めになっていたりどこかの会社で鉄道に関する何らかの職にありつけているはずです。私も客観性を射抜く記事を掲載し続けるためにこのサイトの更新はあくまで趣味(今後副業程度まで拡大する予定はあるが、本業にする気は一切ない)にしか考えておりません。今後とも客観的見地を主体としてダイヤ改正を見ていきますのでよろしくお願いいたします

4. 本年の抱負も込めて最後に
本年の鉄道ダイヤ研究会の目標は、google pagerankを1に上げることです。鉄道コムさんは6もあったり、古巣であり私がダイヤ改正に興味を持つきっかけの1つになった鉄道ダイヤ改正ニュースも長年やっているためか2を獲得しているので、1年以内にgoogle pagerankを上げるのは1つの目標にして記事の投稿に努めてまいりたいと思います。新年明けまして、多くの私鉄も2016年3月26日のダイヤ改正について公表してくるものかと思われます。その際には数日おきまして考察も踏まえた記事を掲載してまいりますので、本年も当「鉄道ダイヤ研究会」をよろしくお願いいたします。

2016年3月のダイヤ改正プレスが未公表でも今後公表される可能性があります!
鉄道コム」では「ダイヤ改正」関連記事、
twitter」では「#ダイヤ改正」、
にほんブログ村」では「ダイヤ改正」トラコミュで、ダイヤ改正記事で盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!
posted by 快速++ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431928615

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ