> > 「ひたち」「ときわ」スピードアップ JR東日本水戸支社ダイヤ改正(2017年3月4日)
2017年01月04日

「ひたち」「ときわ」スピードアップ JR東日本水戸支社ダイヤ改正(2017年3月4日)

JR東日本水戸支社では、12月16日、プレスで2017年3月4日にダイヤ改正すると公表した( http://www.jrmito.com/press/161216/press_01.pdf )。今回はこれについて見ていく。

2017年3月4日ダイヤ改正まとめはこちら!

1. スピードアップする常磐線

今回のダイヤ改正では、常磐線特急の品川~上野間の所要時分が短縮するものと思われ、品川発時刻が1分繰り下がり毎時15分発または45分発となり、わかりやすい時刻となる。品川駅では駅改良工事が行われており、昨年(2016年)11月19日、20日にかけて一部時間帯で東海道線を運休にしたのは記憶に新しいと思われる。この改良によりスピードアップが可能になり、1分の短縮に成功したものと思われる。この「ひたち」「ときわ」の品川発着時刻1分繰り下げの他に、常磐線特別快速も1分短縮される。これは、2012年3月の九州新幹線ダイヤ改正時に、新八代駅分岐器を両開きから片開きに変更したことによる本線通過速度の向上により、当該区間で2分の短縮に成功したダイヤ改正に近いものと考えられる。上野東京ライン開業後では初の時間短縮になるものと考えられ、今後の品川駅付近の工事の進捗によっては特急以外の列車でも所要時分の短縮が見込め、今後気になるところではある。

2. 常磐線の品川乗り入れは据え置き

2015年の上野東京ラインの開業以降、特急含め終日毎時4本の品川直通を続けている常磐線であるが、この状況は改正後も変わらないようだ。新線開業から1~2年後にはその周辺を含め比較的大規模なダイヤ改正が実施されることが多いが、今回は所要時分短縮のみで収まることとなった。ちなみに同日開業の北陸新幹線は金沢で接続する特急「サンダーバード」が2年連続で比較的大幅なダイヤ改正をし、2017年のダイヤ改正では東京から北陸新幹線経由での福井方面連絡がかなり便利になる。そう考えると、今回の常磐線ダイヤ改正が小幅なものとなったのは少しもったいない気がする。

3. 結び

今回のダイヤ改正では、常磐線の復旧がすすみ、全線復旧への兆しも見通しが立ってきた。少しずつではあるが今後どのようなダイヤとなるのか、見守ってゆきたいと思う。

今後大手私鉄も2017年3月ダイヤ改正のリリースを出します!
情報満載の「鉄道コム」では「ダイヤ改正」、
速報を行なっている「twitter」では「#ダイヤ改正
で、ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!
posted by 快速++ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤ改正情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445121567

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ